こころ豊かなすまいづくり

こころ豊かなすまいづくり

私たちは、すまいづくりに携わってきた専門職のネットワークです。
私たちには、業務を通して痛切に感じていることがあります。それは、すまいに関する問題の背後に、こころの問題がかくれていること。

家族のなかで孤立する主婦・・・
近隣関係にさいなまれる家族・・・
片付かない家・・・
目的が達せられないまま、繰り返される模様替え・・・
出口の見えない請負者とのトラブル・・・
さまよえる魂たち。

考えてみると、すまいとは本来だれのものでもない空間を自己のために占有すること。それは、優れて政治的経済的活動であり、その維持には相当の労力を必要とします。
また、すまいとは生活の総体であって、そこでは多様な活動が行われます。私的な活動ばかりでなく、まちや社会に直結した活動もおこなわれます。家族関係でさえ、時には社会のありようによって構造化された社会的関係となり得ます。

これらの活動は、当然ながらストレスに満ちています。われわれの生活は、活動を実践する充足感とストレスとのバランスで成り立っており、生活の総体から発生する極めて多様なニーズの背景に心理的ニーズが隠れているのは、このためではないか。

すまいの問題解決については、「もの」の提供だけでは不十分な時代になっています。
「もの」の充足から「こころ」の充足の時代へ。

こうした時代に対応するため、私たちは専門家のネットワークを形成し、新しい時代に対応したすまいづくりやその問題解決をめざします。

ブログ「すまいはいま」
「こころ」から見たすまいのありようを考察しています。

連続セミナー開催
ハウジング・イノベーション・セミナー「こころ豊かなすまいづくりのために 」

 

PAGE TOP