about us

about us

一般社団法人すまい・カウンセリング協議会

〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5階 KSフロア
TEL  050-3595-2211
mail   info@home-counselling.net

目的と事業内容
当法人は、消費者の抱える住まいに関する悩みや課題に対して、心理的ニーズへの理解に基づき、広範で高度な専門知を結集して解決の支援を行うことによって、人々の住生活の充足に寄与することを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。
(1)住まいの問題解決のための知見の集積、調査、研究
(2)住まいの問題等に関するカウンセリング・相談の実施
(3)住まいの問題解決を支援するための専門家等の紹介
(4)住まいの問題等に関する情報発信、セミナー等の企画、立案、実施
(5)その他当法人の目的を達成するために必要な事業

取引銀行 りそな銀行九段支店

会員:ホームカウンセリング・アーキテクト(個人建築士のため名簿非公開)

現在、活動を開始して間もなく、活動拠点をインキュベーション・オフィスに設置しています。
同オフィスには快適なミーティングスペースが用意されていますので、こちらで面談を実施しています。
お気軽にお問合せください。

代表者 小椋 利文

プロフィール
東北大学建築学科卒業後、久米建築事務所(現久米設計)勤務等を経て、住宅専門の相談を行う公益法人において、20年近くにわたりすまいを巡る消費者からの相談と対面してきました。この間、シックハウスによる健康被害、介護保険の開始にともなう高齢者の住環境整備の問題、回転ドアやエレベーターなど重大事故、構造計算書や様々な認定書等の偽装など、私たちのくらしやすまいに関して、時代を表象する問題に遭遇し、対処してきました。
こうした問題についての相談に耳を傾けながら、すまいのトラブルに巻き込まれた方々の心の傷の大きさについて、ひしひしと感じてきました。それはときに、想像を絶するほど大きなものでした。すまいとは、私たちのこころに想像以上のウェートを占めているかもしれないと考えるようになりました。私たちはすまいづくりの考え方を、なにか根本的に変える必要に迫られているような感じを受け続けてきました。
どうすればしあわせなすまいがつくれるのか、どうしたらそのお手伝いができるのか。これまでのキャリアで培ってきた経験を生かし、積み残された宿題への回答を見出すために、ささやかな活動を開始しました。

PAGE TOP